山に行けないbossのブログ!

Yet Another JUGEM.
”きょうの音楽を考える会”からのお知らせ
”きょうの音楽を考える会”は当地で音楽について考え、語りあい、歌い、そして演奏会を企画実行し、その仲間を拡げてゆくことを目的としています。
そんな私たちのキーパーソンの谷篤さんにお願いして、音楽についてお話をしていただく企画を6月30日に実施いたします。

たくさんの方に楽しんでいただきたいと思います。
お問い合わせはコメント欄からお願いいたします。
このチラシの開始時刻は誤りです。18:30開演です。御免なさい。
JUGEMテーマ:地域/ローカル
続きを読む >>
| 音楽 | 08:04 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
夜に聞く歌
谷川賢作さんと谷篤さんの演奏会がおこなわれます。
10月1日北見公演、10月2日網走公演です。
音楽ホールでは味わえないライブ感をお楽しみください。
中原中也、萩原朔太郎、谷川俊太郎作品を谷篤さんのバリトンと谷川賢作さんのピアノで演奏していただきます。



JUGEMテーマ:音楽
続きを読む >>
| 音楽 | 22:46 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Junko Tani Soprano Recital in KITAMI 2011.9.10(sat)


 9月10日土曜日に北見芸術文化ホールで演奏会を開催いたします。
 皆様のご参加をお願い申し上げます。


 遥か南の海と空。その情景をこのリサイタルのチラシのモチーフに選びました。素
足に触れる暖かい海は心地よいのです。
 リサイタルの日、北見の空には秋の気配があるでしょう。そこで貴方に是非お聴き
いただきたい「歌」があります。谷潤子さんのソプラノです。世の中には多くの優れ
た歌い手がいらっしゃいます。そのなかで、ひときわ輝く天性の響きを聴かせてくだ
さる谷潤子さん。穢れのない、真っ直ぐな、彼女の「歌声」が貴方のこころを振るわ
せることでしょう。ご縁があって、北見芸文音楽ホールで彼女の沢山のお気に入りを
歌っていただきます。

空にわき立つ 白い雲
波は静かに 寄せ返す
夏は過ぎ往き 空高く
あかねの雲が 流れ去り
夜の深みに 音もなく
またたく星に うったえる


ご来場をお待ち申し上げます。
きょうの音楽を考える会  後藤 寛幸


JUGEMテーマ:音楽
続きを読む >>
| 音楽 | 22:20 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
きょうの音楽会3
明日は芸分音楽ホールで「きょうの音楽会3」を開催します。 「きょうの音楽会」は「きょうの音楽を考える会」が主催します。 その「きょうの音楽を考える会」とは、
以下 http://www.kaida-ke.knc.ne.jp/index-kyouno より引用
「”今日”の音楽を考える会」だと思われていることがあります。そんなとき、 「”きょう”の音楽の『キョウ』は、『きょう』とひらがなで書きます。」と説明します。 たしかにわたしたちは、「『今日の』音楽を考える会」でもありますが、 「きょう」は、響、協、共、京、強、叫、饗、興、狂、教、今日・・・なのです。 「きょう」には、さまざまな願いや思いがこめられています。 ですから、「きょう」はひらがなで「きょうの音楽を考える会」なのです。
発端は事故で急逝した我が女房の音楽活動のお仲間が、偲んで開催してくださった音楽会です。これを発展させ皆で継続的な活動を目指しています。

JUGEMテーマ:趣味
続きを読む >>
| 音楽 | 04:24 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
旅の二日目 穴澤雄介さんふたたび
JUGEMテーマ:音楽


一昨年のことでしたか、亡き嫁の葬儀などでお世話になった多くの方々へ、感謝の気持ちを込めてコンサートを企画し、そのコンサートで穴澤さんに Noche&Monte;穴澤雄介(ヴァイオリン);望月雄史(ギター)のユニットで演奏していただきました。丁度移植後寛解を保っていて札幌の病院に通院中のときでした。その時もLEE先生に多大なご支援をいただき、「機会があったらでは、いつまでも実現できない。日程を決めましょう。」と背中を押していただき実現しました。今回もその後再再発して大量の放射線で治療し、寛解を一年以上継続し病原細胞は殲滅したかもしれないと、うっすら自信を持ち始めたころに「それはもう治っている。完治のお祝いをしましょう。」と例によって日程を決めました。


今回は「十六桜」の生演奏を聞かせていただいたり、前半後半とに分けて演奏いただき堪能いたしました。
「あの木に寄りかかって 2008」と同じユニットで穴澤雄介(Vn.)野田正純(Pf.)の演奏でした。
あの透明感のあるハーモニクスは技巧的フラジオレットというのだそうで、奏法の解説付でした(嬉)。
「あの木に寄りかかって 2008」は完売だそうです。穴澤さんからお土産に「未知なる世界へ飛び立とう」という新しいアルバムを頂戴いたしました。ありがとうございます。

 「未知なる世界へ飛び立とう」 穴澤雄介(Vn.)野田正純(Pf.)

 01.未知なる世界へ飛び立とう
 02.十六桜
 03.ようこそ楽登王国へ
 04.この星を歩こう
 05.Waltz for Anna
 06.風さえ誘う坂のまちで
 07.Irish-latte
 08.木の詩
 09.花の詩
 10.The Cattleya
 11.未知なる世界へ飛び立とう - Reflain -

という11曲からなるアルバムです。

LEE先生のblog

穴澤さんの公式HPはこちら
blogはこちら
ライブ情報はこちら
 
今回はプライベートなパーティーの中での演奏ということで、LEE先生とかかわりの深い方々がご参集してくださいました。その中には例の町田さんも。
続きを読む >>
| 音楽 | 16:36 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE