山に行けないbossのブログ!

Yet Another JUGEM.
<< さんたさん | main | たまには漫画 >>
救急員
私は日本赤十字社には大変お世話になっているのです。
毎週輸血するたびに日赤の血液事業のおかげであり、献血をしてくださる方々により自分の命が支えられていることを痛感します。
3年前に最初の治療が寛解に到達したときに、いろいろと考えて日本赤十字社救急法救急員の養成講習を受講し、認定を受けました。
その後、2年以上にわたり再発、再再発して闘病いたしましたが。骨髄バンクとそのドナーさんにもたすけられ、さらに輸血依存症の状態となり、初発から3年の長きに渡り、日赤の病院事業および血液事業の助けにより生き延びております。
このたび3年間の認定の期限が切れたので、再び受講してまた認定されることができました。


移植前の処理は愛育病院でお世話になり、骨髄移植や放射線治療は北海道大学病院でお世話になりました。最初の抗がん剤大量療法は赤十字病院の先生と看護スタッフに大変お世話になりました。
基本的に輸血は日赤血液センターに頼ることになるようです。

3年たつと救急法の手順も若干進化して、少しずつ新しくなっていくようです。今回の講習は講師である赤十字ボランティーアの方々にお世話になりました。たまたま今回バディー役をしてくださった方も現在赤十字関連の教育・研究者の方でした。ありがとうございました。
| 闘病・医療 | 22:34 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.e-mountain.net/trackback/1242608
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE