山に行けないbossのブログ!

Yet Another JUGEM.
<< ご無沙汰いたしております。 | main | 懐かしの >>
初夏残雪
石北峠を越えて一つ目のトンネルを越えると、大雪山系が見えてきます。 その南東へ目を向けると石狩山塊が大雪ダムの向こうに白く見えます。 このロックフィル式のダムは雪解け水を湛え、ほぼ満水のようにみえます。

JUGEMテーマ:日記・一般
久しぶりに十勝岳を見てきました。登ってきました、と書けないのが残念です。 実家へ行った帰りに立ち寄った、いつもの喫茶店で最近の地元のお話を聞き、一息入れるのが楽しみです。 二度目に訪ねたときから、オーナーとは何度もお話をしてきました。 今回はじめてスタッフと話しました。 スタッフの方々は良く指導されているようで、清潔感のある店として営業をしています。 この喫茶店を出発し30分ほど走行して十勝岳を撮りました。畑の雪が漸く消えたばかりで、まだ農作業はまだ始まっていません。

帰宅して積年の課題のひとつ、部屋におきっぱなしの荷物の整理を、少ししました。 この書籍の妙なパッケージは、移植のために無菌室に入ったときの、滅菌した書籍の一部です。 このようにパッキングして滅菌したものを無菌室に持ち込むことができるのです。 無菌室や準無菌室での暮らしは不自由なものです。物理的な強制力で閉じ込められる初めての経験で、自らの意思で治療の方法を選択してはいるものの、厳重に管理された部屋から一歩も外へ出られないというのは、いまさらながら辛い経験でした。三度三度の食事はこのような状況では楽しみでもあるはずが、無菌食というのは触ることができないくらいに高温の熱処理をして、幾重にも包装されたもので、抗がん剤で味覚が壊されているために、食欲を減退させることがしばしばありました。このときほど生野菜を食べたいと思ったことはなく「無菌栽培したサラダ」はないのかと栄養士に口説いたものでした。

| 山岳 | 02:51 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.e-mountain.net/trackback/1242632
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE