山に行けないbossのブログ!

Yet Another JUGEM.
<< 環境問題はなぜウソがまかり通るのか(再び) | main | 情報は本当に伝わる >>
古い資料
以前から気になっていたのですが、なかなか足が向かずに居て、手に入れることができなかった資料を探してみました。
「北大山岳部部報」です。
最近連絡を取り合って互いにリンクを張った日高三股の管理人さんが、全巻所有していらっしゃっていることを彼のウェブページで知ってから、是非手にとって見てみたいと思うようになり、いよいよ昨日実現しました。


初期の頃のものを手に入れるのは望み薄だろうと半ば諦めつつも探してみたら、ありました。
第2号と第11号です。
最新号が14号とのことですから、まずまずの成果でしょうか。独り、悦に入っております。
12号から最新号までの3冊は比較的容易に手に入りそうですが、秀岳荘本店では品切れで北大生協でも品切れでした。

特に昭和初期の厳冬期の山行は、現在と大きく異なる装備や食料および現地登山口までの移動手段の確保の面からも並々ならぬ労力がかかったことを伺い知ることができます。山行報告ではその多大な労力を掛けた点は殊更に表現されては居ませんが、坦々と語られる状況からその大変さが容易に想像されます。勿論山の頂へ如何にして安全に到達しかつ帰着するかが彼らの最大の関心事であり、当時としての最善を尽くしているわけであって、行き帰りの表現はいたって飄々としているわけです。

まだしばらくは退屈な日々を送らなければならぬ身としては、仮想登山を楽しむ良い資料が手に入りました。
| 山岳 | 20:39 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.e-mountain.net/trackback/618401
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE