山に行けないbossのブログ!

Yet Another JUGEM.
<< みんなやってる | main | 色づきのメカニズム >>
いつのまにか
暑い暑いとこぼしていたのに、いつの間にやら冷んやりとしてきました。

長いこと病室の天井を見てばかりいると気も滅入るので、適切な気分転換が必要なのです。
それで人ごみを避けて紅葉狩りに行ってきました。
北海道には「観楓会(かんぷうかい)」という習慣があり、それは仲間や会社などのメンバーが連れ立って、温泉地へ行き宴会をするというものです。

もう少し若い頃にはよく参加しておりましたが、最近はトンとご無沙汰しております。和気藹々と宴会をすることができる組織も多いようですが、そのような宴会を望まない人が多くなってくると、かかる習慣を維持するのは難しいと感じております。
グーグルプレックスのムードがグーグラーの仕事を支えるのであって、そこいらの会社がそのムードを真似したからといって社員がグーグラーのように働くようになると考えるのは幻想です。しかしそのような夢を抱くお偉い経営者が多すぎると思うのです。

観楓会が楽しく維持できる会社はそもそも社員も経営者もその宴会を楽しむセンスを持っているのであって、観楓会をおこなうことによって組織のコミュニケーションが良くなるわけではない。そのことに気がつかない経営者はあまりお利巧ではない。
「そんなことは分かっている」とは言うが、無理やり宴会をするような人たちは・・・。

あー来年は綺麗な紅葉を愛でて、良いお湯にはいり、美味い肴で一杯やりたいなあ。
| 散歩 | 22:49 | comments(7) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
なるほど、お陰で呪縛から開放されました。病院勤務時代、宴会は苦手でした。特にアメリカから帰国後は、なぜ皆同じ浴衣を着て、乾杯して、お酌してまわる。親睦のためと思っていました。 LEE
| LEE | 2007/10/17 2:26 PM |
blogからうっすらと伝わってくる先生の「哲学」は魅力的です。
音楽や文化活動、科学的な志向と実践、継続的な院内の勉強会など現代を突き進んでいくために必要なことがきちんと押さえられているなあと感じております。
昔の生活習慣(宴会コミュニケーションなど)が全て無駄であるとは思いません。でもステロタイプな親睦活動の押し付けはまずいということです。かく言う私も、気の置けない仲間との宴会は大好きです(笑)。
| boss | 2007/10/17 4:14 PM |
照れくさいです。私「哲学」など持ち合わせておりませんよ。ただ、仕事については「自分患者ならがかかりたい医者」を目指しています。
それにしても、厚生省のすすめる「検診事業」、何としても阻止しないと。
| LEE | 2007/10/18 10:24 AM |
いえいえ、おべんちゃらでも社交辞令でもありませんから。
最近の日々の出来事を振り返ると、大人が大人になっていないと感じています。その大人が子供を持つわけですからその子供は、まともな大人に育つのは並大抵ではないとおもうのです。
引き合いに出すのも恥ずかしいですが、亀田なんとかいうボクシングの話題も、親が大人になりきれていないのにその子がまともに育つわけが無いという典型だとおもうのです。
若い頃に先輩に「餓鬼が餓鬼を生んではいけない」と教えてもらいましたが、亀田なんとかいう19歳は、この餓鬼に育てられた餓鬼ということですね。世の中や当の息子にも謝らなければいけないのはあの親でありますが、その親が一番わかって居ないように感じています。
相変わらずのいじめや、その結果の自殺、行きずりの傷害や殺人、相撲の世界の問題、いい加減な公務員の問題、信用されない政治、医療の世界における問題もそうかもしれません。
これらの問題は、ひとり一人が正しいことを希求し、少なくとも多くの過ちや騙しに加担しないという主義をもって生きることで、解消されるものと信じております。
このように生きるための主義を、哲学と呼んでみました。
| boss | 2007/10/18 11:45 AM |
亀田の親父、出てこなくて卑怯ですね。LEE
| LEE | 2007/10/27 10:02 AM |
そうですね、予想通り出て来れない。
まあその分息子達は出直して頑張れば良いと思いました。

それはそうと、いずれイタリアンレストラン『Cena』で食事をして、トークと演奏を楽しみたいなあと思っています。来春以降になると思います。
| boss | 2007/10/27 10:58 AM |
もし、いらっしゃれるなら早めに連絡ください。
例のiPod大成功でした。穴澤さんのブログでも紹介されると思います。
イタ飯屋さんは期待しないでください。 LEE
| LEE | 2007/10/28 8:15 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.e-mountain.net/trackback/645791
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE